tel:044-933-2005 メニューを表示
tel:044-933-2005

矯正歯科治療に関しての注意事項
(リスク副作用)

矯正歯科治療をする目的は・・・

美しい歯並びで、お顔のバランスを整えること、よく噛めて機能していること、歯周組織は健康でしっかりと歯槽骨の支持があること、顎関節に異常がないこと、咬合が安定していること、などです。
治療をしていくうえで、成長段階により注意すべき事柄は異なります。

各段階での注意事項は・・・
第一段階の治療(予防的な矯正治療)
予防的な矯正として使用する場合の、取り外しのできる夜間のみ使用の装置などは、目立たない反面、使用しないと治療の効果はでません。つまり使わないと治らないということです。
指しゃぶりやいつも口を開けて息をしたり、べろを出す癖を治していかないと不正咬合の原因となり治療効果は得られません。

第二段階の治療(本格的な矯正治療)
ワイヤーをかけた本格的な矯正治療は歯磨きが重要となります。治療は3年ほどかかりますので口腔内がきれいに歯磨きできないと虫歯にかかり歯がとけてしまったり、歯肉が赤く腫れ上がり出血したりします。虫歯や歯周病になってしまったら矯正歯科治療を中断し虫歯や歯周病の治療をしなければいけません。当然治療期間は長くかかってしまいます。このように歯磨きはとても重要となります。
全ての人に起こることではありませんが、クラック、歯肉退縮、歯根吸収、歯根露出、骨隆起、顎関節症などが起こることもあります。
また、舌癖がありますと上下の前歯にすき間ができ開口してくることもあります。

矯正歯科装置をはずしてから保定装置をつけていませんと後戻りが起こります。保定装置をつけていませんと治療が終了したことにはなりませんので充分気を付けてください。
親知らずも放置しておくと後戻りの原因になります。

保険でできる矯正治療の中に顎切り手術を伴う外科矯正治療がありますが、手術までの術前矯正、手術、手術後の術後矯正と時間がかかります。手術前に必ず、手術に対する本人の同意書が必要となります。
また、多数歯欠損(6歯以上)の場合、矯正治療は保険適用となりましたが、欠損部の修復はインプラントなど保険がきかない自費診療も必要となることを考慮しておいてください。